ガンダムtr-1 ヘイズル ウェザリング塗装してみました


ガンダムtr-1 ヘイズル ウェザリング塗装してみました


以前に製作していたガンダムtr-1 ヘイズルをジオラマ用にウェザリング塗装してみました。
ジオラマ用の機体準備という事で、まずは簡単に機体写真のご紹介です。

1/144スケールなので小さめですが、可動域も広めで使い易し模型です。ジオラマ配置用にまずはウェザリング塗装(汚し塗装)します。ジオラマにはガンプラ2台を使おうと思いますが、まずは一機目です。

何枚か完成写真のご紹介です

あまり時間を掛けず製作していたプラモデルに汚し塗装。汚し塗装の手順はオーソドックスで下記です。
以前に製作した際は、汚し塗装はしていませんでした。またステッカーも同梱のデカールのみを使用していましたが、今回はジオラマでカッコ良くしたかったので、余っていたデカールと、ガンプラ用のデカール(水転写)を追加購入して使用してみました。今回の模型はティターンズ仕様という事で、デカールもティターンズ柄のものを一部使用してますよ。

デカールを変えるだけでプラモデルはさらにカッコよくなりますので、是非お気に入りのデカールを見つけて使用してみてはいかがでしょう。おススメは手間はかかりますが、やはり水転写式がおススメです。デカールの縁も目立ちませんし綺麗に貼れます。

参考:ガンプラデカール

汚し塗装の方法はオーソドックスに下記です。

  1. 通常の墨入れ塗装(今回はブラウンで墨入れ)
  2. チッピング塗装
  3. クリア+艶消しブラック+ブラウンで塗装(エアブラシ)
  4. エナメル塗料で追加汚し(ウェザリングパステル+ウェザリングマスター等)
  5. トップコート(艶消し)

といった感じです。

作業の途中はこんな感じです。チッピング塗装で汚しを入れているところですが・・(^^; 我ながら下手くそです・・・
久々にやっているとはいえ・・・残念ですが。。めげずに頑張ります・・

今回は塗装ブース内で作業していますが、この塗装ブースは回転台が付属しているタイプで非常に便利です。
ただ、排気ダクト含めたサイズが大きいので、置き場所には正直困りました。奥行が70センチ近くあると思います。
排気音はそこそこしますが、しっかり排気してくれるので、気に入っています。回転台は、思った以上に塗装がし易い!これは感動です。スプレー缶での塗装もこのブース内で実施してみましたが、問題なく排気しくれていますので問題なし。重宝してます。

1/100スケールの模型もしっかり塗装出来る大きさなので、置く場所にスペースが確保出来る方であれば、おススメな塗装ブースです。

参考:塗装ブース

そしてもう1機も塗装
あまり上手くウェザリング塗装が出来ていませんが、ジオラマ用なので、ご容赦を・・・(^^;

2機の準備が終わった状態がこんな感じです。

 

2機揃うとなかなかの迫力です。
簡単なご紹介でした。

さて次はこの機体を使ってジオラマ製作してみます!市街地のジオラマを造って模型飾りたいと思います!



error: Content is protected !!