ガンプラ・ジオラマ造ってみた


ガンダム・デュナメスでジオラマ造ってみました!


前回ご紹介から製作しておりました「機動戦士ガンダムOO」のプラモデル ガンダムデュナメス。本体完成しましたので、次はジオラマ製作に着手しまして、完成しましたのでご紹介します。

ガンダムデュナメスの代名詞でありますスナイパーライフルを活かしたポージングを楽しむべく、ジオラマ製作です。今回は両手持ちのライフルスタイルでカッコ良くポージングしたいな?と思い、崖?(山?)の斜面をジオラマで再現です。

まずは完成写真を数枚ご紹介

如何でしょうか?(^^;

本体のウェザリング塗装は正直手抜き(ジオラマの台座製作に疲れ果ててしまいました。。(-_-;))ですが、なかなか専用のジオラマ台座としては良く出来たかな?と思っております。製作期間は約3日くらいでしょうか。

台座自体の製作過程は、別投稿で詳しくご紹介致しますが、発泡スチロールを使用したオーソドックスな作り方です。

  1. 台座の基礎(今回は木板)と発泡スチロールの固定
  2. 発泡スチロールのカット・成形
  3. ボンド水でテッシュの貼り付け・成形
  4. 乾燥後に基本塗装(スプレー・エアブラシ使用)
  5. ウェザリング塗装(ウェザリングパステルなど多様)
  6. クリア(つや消しの塗装)

といった感じです。台座のみですと下記が完成写真

泥と土に汚れた斜面(山)を再現してみました。ポイントでぬかるみ(水溜まり)も少し表現してますが、あくまでも目立たないアクセント程度です。

製作は、デュナメス本来のポージングを決めてから、斜面の角度などを調整しながら発泡スチロールを少しづつカットしていきまして、足の置場、機体の体制など出来る限りピッタリなサイズにしております。

煽りで撮影するとこんな感じです。

如何でしたでしょうか?

せっかくの可動域が広いポージングが可能なプラモデルですのと、ダイナミックなポージングで今回はジオラマにしてみました!

皆さんも、大型連休などを活かして、ゆっくりと自作ジオラマ製作、楽しんでみては如何でしょうか?



error: Content is protected !!