久々の製作!タミヤ 1/24 スポーツカー メルセデス AMG GT3 プラモデル


久々の製作!タミヤ 1/24 スポーツカー メルセデス AMG GT3 プラモデル造ってみました!

久々のプラモデル製作です。前回の製作より、だいぶ時間が経過してしまいました・・・(-_-;)

という事で今回は模型製作のリハビリも兼ねまして、出来るだけ簡単に出来そうな、、プラモデルを選び製作。

選んだのは、塗装も可能な限り簡単に済みそうな??車の模型。レーシングカーにしてみました!

車の模型は製作数は多くはないので、せっかくなので楽しんで製作です。

そして今回はあまりエアブラシは利用せず、スプレー缶と筆塗りで出来る限り製作!特に車の模型はボディー部分の仕上がりが、全体の完成度に影響すると思いますから、そこも頑張ってスプレー缶で塗装してみました!

今回は完成写真をいくつかご紹介します。
まずは全体写真(下)のご紹介。キットに指定のあるボディーカラーは、シルバー系塗装ですが、ふつうだと個人的には面白くないので、今回はメタリックブルーで塗装です。

スプレー缶でメタリックブルーが市販されているので、今回はそのスプレー缶1本と他下地塗装用のスプレー缶数本でボディー部分を塗装しています。

参考)利用パーツ

※私はMrホビーさんのスプレー缶を利用してみました。

如何でしょうか?スプレー缶にしては、そこそこ塗装出来てますでしょうか?手順などをしっかりすれば、メタリック系カラーもしっかり塗れますね。(^^; ※正直、最初は心配をしてました・・・汗

今回の塗装の手順を簡単にご紹介

塗装手順
  • 下地処理(黒のサーフェサーで塗装)
  • 下地処理(黒艶有りで塗装)
  • メタリックブルーで塗装 ※2回重ね塗り
  • トップコート(艶有り)※5回重ね塗り
  • コンパウンドで磨く

という感じで塗装してみました。手間は少々掛かりますが、下地処理もブラック塗装も全てスプレー缶でOKです。

参考)利用道具


コツですが、やはりトップコート(艶有り)をしっかりと複数回スプレーし、最後にコンパウンドで磨く。というところでしょうか?どうしてもメタリックブルー一色の塗装の上に、デカール(シール)を貼ると、デカールのボディーに段差が出来てしまい、なんとなく玩具っぽさが出てしまうと思いますが、そこでトップコートを計5回ほど厚めに塗装した後、コンパウンドで表面を磨き込むとツルツル!になります。
※トップコートは一度塗装したら完全に乾いた後に二度目の塗装という感じで、焦らず複数回塗り重ねて行きましょう。

ボディーの艶も段違いに出ますので是非、スプレー缶で塗装した後に試して欲しいです。
※詳細な塗装方法は別投稿でご紹介出来ればと思います。(^^;

ちょっとアップし過ぎて製作の荒さが目立つかもしれませんが・・・ボディーはツルツルで気持ちが良いですよ。
※写真だとツルツル感があまり伝わらないかもしれないですが・・・。

トップコートのお薦めはMrスーパークリアです。固定力も素晴らしく複数回塗り重ねてもクリアさが保たれるので重宝しています。

※(^^; ちなみに、久しぶりの模型製作で失敗も多発・・・やはり、定期的に製作していないとダメですね。。手順や手元が狂いまくりでした。。。失敗談は後日別投稿にて!

如何でしょうか?久しぶりの製作にしては・・・(-_-;)まあまあかと。。。次回は失敗しませんぞ!

もっと車模型の玄人な方が製作すれば、もっとカッコいいプラモデルになると思うのですが、久々の製作でしたので今回は満足!です。(^▽^;)

個人的にはメタリックブルーと黄色のデカールの相性も良く気に入っています。またこのプラモデルを利用し、ジオラマ製作などチャレンジしてみようと思っています。

お値段も手頃で、サイズも大きめ、パーツ数も少なめで造り易い模型ですので、是非、自分好みなボディ色で製作してみて欲しいプラモデルです。


error: Content is protected !!