宇宙戦艦ヤマトを再塗装&プチカスタマイズ!


宇宙戦艦ヤマト カスタマイズで造ってみた!

もう何年も前に製作していた1/500スケールの「宇宙戦艦ヤマト」。塗装も汚れてきたので、再塗装+プチカスタマイズで、以前よりもカッコよくしてみよう!という事で再製作開始

以前の製作の際は、大きくほぼ2色の塗装(艦艇の上部下部の2色)塗り分けのみで製作しましたが、今回も大きく配色は変えずに、汚し塗装(ウェザリング塗装)追加モールドの追加台座のカスタマイズなどを実施

今回は完成写真を数枚、ご紹介させて頂きます♪

1974年に読売テレビ制作・日本テレビ系列でテレビ放送され、後に社会現象と評されるまでに至った『宇宙戦艦ヤマト』 第1作を原典とする38年ぶりのリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』も完全新作アニメーションで2013年4月7日から同年9月29日までMBS・TBS系列でテレビ放送

艦尾も少しモールド追加。後ろ姿もやはり宇宙戦艦ヤマトカッコいい♪

キットには専用台座が付属していますが、今回はその台座はそのままは使用せず、カスタマイズ

テクチャーペイントとコンクリート片などを使用して岩石に覆われた惑星?表面をイメージしてみました。
少しの配慮ですが、通常通り台座を製作すると宇宙戦艦ヤマト本体は水平に設置されます。が、やはり艦首が上向きのほうがカッコよくディスプレイ出来ると思いましたので、左右のヤマト本体を支える柱の高さを変更

※下写真:台座の左柱部分を高く調整

参考)関連塗料

艦艇側面などには、追加モールド、ショックカノン(主砲)には、3本ラインを引きました。あとは他模型製作で余っていたステッカーを流用して、ディテールを追加

(どうしてもショックカノンには3本白線が引きたくなり・・・(^^; これは原作艦艇にはないですよね・・・)

モールドの追加以外は、オリジナルキット本体には大きく手を加えず製作

参考)製作関連模型

如何でしょうか?
少しは宇宙戦艦ヤマトのカッコよさが伝われば嬉しいです♪

今回ご紹介のプラモデルは1/500スケールなので、実際の大きさも大きめで、存在感も絶大です。
是非、昔製作したけど、改めて製作してみようという方最近のアニメ放送で宇宙戦艦ヤマトが気に入った方などに製作してみて欲しい模型です。造りも複雑ではないので、初心者の方でも楽しんで製作出来るプラモデルですよ。

次回は追加の完成写真と簡単に製作過程などのご紹介をさせて頂きたいと思います。

参考)関連模型

error: Content is protected !!