ファイブスター物語 オリジナル「ジュノーン」製作過程のご紹介


ファイブスター物語 オリジナル「ジュノーン」製作してみた!

 

前回、完成模型を掲載した「オリジナル・ジュノーン」の製作過程を簡単にご紹介♪

実際の製作は1/144スケールのプラモデル「エンゲージ」を基にして、頭部・肩部、腕部、腰部、脚部の各パーツをエポキシパテを利用して、カスタマイズしております。全体的に少しづつサイズアップ、造形変更で今回は製作です。

頭部部分は頭頂部のパーツが小さく存在感が出ないかな?と思い、形はそのままにサイズアップ!エポキシパテを盛り、デザインナイフ・彫刻刀で再成型して完成です。後は完全に乾燥した後に塗装を行えばOK

本来の原型プラモデルの両肩パーツは、上部に尖った角?のようなデザインなのですが、これが気に入らなかったので、模型用のノコギリで思い切って切断!切断後にエポキシパテで再成型

参考)原型模型(エンゲージ SR3)

パーツ切断は模型用のノコギリを今回購入して使用。GSIさんの模型用ノコギリで切れ味・使いやすさ共におススメです。非常に重宝しています。以前はデザインナイフで頑張って切っていたのですが、さすがにある程度厚みがあるパーツは上手く切れなかったので、助かってます。

参考)模型道具

型部分はカットしたパーツを両肩の背面に設置して再成型です。

腰部(スカート部分)も少々ボリューム感をアップ

腕周りのパーツもサイズアップです。

脚部は、脚部全面のデザインを変更です。ちょっと荒い造りですが・・・(^^;

台座は、超簡単・手抜き製作です!

ホムセンセンターで購入した円形の木製板の上に、タミヤのテクスチャーペイントをべた塗りした後、半乾きの時にデザインナイフで模様を描いていきます。適当に・・・今回は少しだけ石畳み?模様(^▽^;)

完全に乾いたら、テクスチャーペイント(グリーン)でポイント塗装

手抜き製作なので、造りは荒いですが・・・(^^;

参考)模型道具

簡単ですが、製作過程のプチ紹介でした。

あまり大がかりな事はしていませんが、エポキシパテを使えると模型製作の幅も広がるな~。と改めて実感したプラモデル製作でした。是非、チャレンジしてみは如何でしょうか?!

プラモデルプチカスタマイズ / エポキシパテを使いこなそう!

模型プチカスタマイズ・ エポキシパテを使いこなそう! 今回はジオラマ製作の過程紹介も兼ねまして、ジオラマ造形&模型のプチカスタマイズに頻繁に使用しますエポキシパテの使用例のご紹介です。 エポキスパテ利用された事ありますでしょうか? プラモデルの造形が少々気に入らなかったり、追加で簡単なオリジナルパーツを製作したい際などに重宝する模型工作道具です。 今回は以前に製作したレッドミラージュ模型で製作した […]

 


error: Content is protected !!