プラモデルプチカスタマイズ / エポキシパテを使いこなそう!


模型プチカスタマイズ・ エポキシパテを使いこなそう!

今回はジオラマ製作の過程紹介も兼ねまして、ジオラマ造形&模型のプチカスタマイズに頻繁に使用しますエポキシパテの使用例のご紹介です。

エポキスパテ利用された事ありますでしょうか?

プラモデルの造形が少々気に入らなかったり、追加で簡単なオリジナルパーツを製作したい際などに重宝する模型工作道具です。

今回は以前に製作したレッドミラージュ模型で製作した追加パーツの製作過程のご紹介

エポキシパテ自体は、複数の種類が市販されていまして、今回使用しているエポキシパテはこれ!(写真下のパテを主で使用)

エポキシパテ(epoxy putty)とはエポキシ樹脂を主成分とするパテ(充填剤)の総称です。粘土状で、エポキシ樹脂のプレポリマーと硬化剤をそれぞれ含む2剤を練り合わせて混合する事で重合して硬化する。用途に応じて物性や硬化時間が異なる各種製品が市販されてます。

軽量タイプという事で硬貨後も重量も軽い?のではと思います、一番気に入っている点は、造形(削りやすい!がし易い!実際のパテはこのような2種類になっており、この双方を適量(2種類とも同分量で)デザインナイフなどで切り分けた後に混ぜ合わせます。混ぜる際は、ゴム手袋をしておいたほうが良いかもしれません。肌が弱い方などは手が荒れるかもしれませんので(ご注意ください。)

参考)関連道具

混ぜる際は可能な限り混ぜムラが出ないように均等に。一種類毎に棒状に伸ばした後に下記写真のようにねじりドーナツ?状にして混ぜ合わせていくとしっかり混ざりますよ。たぶん・・・(^^;

混ぜ合わせたら造りたいパーツの形に成形!今回は余っていた模型パーツにエポキシパテを足して造形!
出来上がりは、レッドミラージュのバックパックの上段部分の排気口イメージのパーツを今回は成形


あまりここで悩まずにある程度の形を想像しながら粘土状のパテを成形していきます。

成形後はこんな感じです。(うーん・・・これだけ見ると少し大丈夫かな??と思いますよね・・・(^▽^;) )でも大丈夫!このあと数時間放置して完全に硬貨した後に削って綺麗に成型可能です。

削りに必要になるのが、デザインナイフ&彫刻刀!私は彫刻刀を好んで使用しております。

彫刻刀で慎重に削っていきます!細かな部分はデザインナイフも併用して造形を整えていきます。

デザインナイフは、タミヤさんのデザインナイフがお気に入りなので使用しているのと彫刻刀は、6mmの彫刻刀を一本買い!切れ味も良いので好んで使用しています。

参考)関連道具

ある程度削り切った後はこんな感じ。まだ汚れているので、ペーパーヤスリで磨いていけば綺麗になります

サーフェサーで塗装した後はこんな感じです。合わせ目も出ないですし、エポキシパテ!なかなかです。

後は、お好みのデザインで塗装、所定の位置に固定して完成です。

私はあまり上手くはありませんが、簡単な形であれば彫刻刀のみで成形可能です。
下写真は現在製作中の、ファイブスター物語のMH(モーターヘッド)エンゲージのカスタマイズ中の製作例です。
オリジナルのエンゲージを製作してみようと思います!近日中にご紹介出来るよう頑張って製作中(^▽^;)

レッドミラージュの製作の際には、何カ所かエポキシパテでパーツの改造をしていますが、今回はその一例のご紹介でした。簡単に出来ると思うので、是非、模型製作に使用してみては!!

ファイブスター物語・レッド・ミラージュ (L.E.D. MIRAGE)ジオラマ完成!

幻像騎士団の白い悪魔・レッド・ミラージュ (L.E.D. MIRAGE)ジオラマ完成! レッド・ミラージュ完成しましたので、完成写真のご紹介! 原作のファイブスター物語に登場するミラージュ騎士団主力MH(モーターヘッド)「幻像騎士団の白い悪魔」の名を持つレッドミラージュのプラモデルを台座設置で製作してみました。 以前に製作していたレッドミラージュ増装型のプラモデルをプチカスタマイズ! 基本的な機体 […]


error: Content is protected !!