紅の豚 ポルコロッソ 飛空艇!


紅の豚 ポルコロッソ 飛空艇!!
サボイアS.21試作戦闘飛行艇 ポルコ立像

以前に製作した「紅の豚」に登場する飛空艇の追加製作。以前は、付属していてポルコ・ロッソの立像が製作出来ていませんでしたので、今回改めて製作し直しです。
(以前は模型製作も始めたばかりで、余裕もなく・・・)

やはり真紅の飛行機には搭乗者がいないと寂しいですよね。出来上がりはこんな感じです。

やはり飛空艇のみより、雰囲気が増しますね

ポルコの塗装は、半分以上は筆塗りです。さすがに小さいので、エアブラシで全ての塗装をするのは無理でした・・・。

サーフェサー(今回は500番)を吹き付けた後、肌色部分をまず適当にエアブラシで塗装。
肌色に塗装した箇所にマスキングを施して、戦闘服(ブラウン)部分もエアブラシで塗装。そして白のスカーフ部分もエアブラシで塗装。

今回はここまでをエアブラシで行い、そのあとの工程は細筆で塗装です。
ベルト・サングラスなどの小物も筆で塗装です。目が疲れます・・・ひとしきり塗装が完成したら、最後に少しだけウェザリング塗装を施して概ね完成です。
(エナメル塗料での汚し塗装)

で、ここまで来て何か違和感・・・ポルコの部分を塗装し忘れている事に気づき(笑)少しだけ着色して、これで本当に完成です。

隣のライターと比較しても、なかなかの小ささです。

でも、使い慣れた細筆などをお持ちであれば塗装出来ますので、是非チャレンジしてみてください。

また今回は、模型写真も撮り直しております。せっかくのジブリ作品の模型製作ですので、今回は背景もつけて撮影してみました。
普段の黒一色の背景のみでは味気ないと思い。

草原を背景にまずはワン・ショット♪

次は、映画「紅の豚」のアドリア海をイメージして、もう1枚♪(少々・ハワイぽいですかね。)

(次回製作の際には、もっとアドリア海をイメージ出来る模型写真にしてみようと思います!)

何枚か背景をつけて撮影してみました♪
普段も模型写真には一眼レフカメラを使用しています。
製作途中の写真撮影はスマホの撮影でも十二分ですが、背景のぼかし具合ピントの微妙な調整ホワイトバランスなどしっかりと、撮りたいイメージに調整出来るので、私は一眼レフ、三脚+簡易スタジオ+簡易照明のセットを好んで使用しています。(いつか一眼レフ・三脚での撮影手法などもご紹介出来ればと思います。)

参考 制作キット

是非、「紅の豚」ファンの方、飛行機模型に挑戦してみたい方。製作してみて欲しいキットです。
自分だけのポルコ・ロッソ、自分だけの飛空艇、製作してみては如何でしょうか。

 


error: Content is protected !!