「平成の零戦」 F-2A 戦闘機模型を作ろう!


「平成の零戦」 F-2A 戦闘機模型を作ろう!

前回に引き続き今回も戦闘機模型の製作です!。今回は、ハセガワ模型さんの1/48スケール F-2A模型の製作
今回は洋上迷彩にチャレンジです。F-2第4.5世代ジェット戦闘機に分類される航空自衛隊の戦闘機。今も日本の空を飛んでいる事を想像するとやる気も沸いてきます!

前回も迷彩塗装で製作しましたが、今回は実際に今も大空を飛ばれている機体に敬意を払いまして、よく拝見する洋上迷彩で製作してみる事にしました。ただ、適当に迷彩柄を決めていますので、実物と少々違いは出ていると思いますが、そこは模型製作の醍醐味という事でお許しください・・・。(汗)

(出典:航空自衛隊ページ 主要装備F-2A/Bより)

では早速製作です。今回も1/48スケールですが、やはり前回製作したF-4に比べると小さめです。そして何よりフォルムが美しいですよね。
キットのパーツ数もさほど多くないので作り易いと思います。ただ少し細かなパーツ類もあるのと、キャノピーの塗装などは、ガイドテープなどは付属で付いていませんので、マスキングテープで塗装準備なども必要です。カッコよく製作するにはある程度の手間は必要かと思います。

もう1つ。兵装(ミサイル)は1種類しかキットには同梱されていないので、そこは追加のキットで増装したいところです。今回の製作でも、追加のキットを利用して兵装は2種類に増えしてみました。


完成形はこんな感じです。如何でしょうか?自分的にはなかなか気に入っています。

参考キット
[amazonjs asin=”B0006NGNFC” locale=”JP” title=”ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A プラモデル PT27″]

それでは簡単に製作過程のご紹介です。

やはり今回も、機体本体に格納される操縦席部分は最初に製作です。今回はF-2A型なので単座の機体です。
ほぼ基本塗装(サーフェサー+ブラックで塗装)をした後はやはり筆塗りで製作してみました・・・あまり完成度は高くありませんが、隠れてしまうので、ちょっと手抜きという事で。

操縦的部分が出来上がれば、次は楽しい!機体本体の組み立てです。やはりこれは模型全体のフォルムもハッキリしてきますので、一番楽しいです。


どんどん組み立てていきます。今回のキットも合わせ面は、さほど浮きは出ませんが、やはりしっかりと密着させないと隙間が出来てしまいますので、下処理は丁寧にしたほうが良いかもしれません。胴体部分は、接着剤で張り合わせた後、輪ゴム!で固定です。

そして、主翼の取り付けです!ここまでくると全体のフォルムも分かってきます。やはり美しいフォルムです。塗装するのが楽しみになってきます。
今回は、迷彩柄で塗装しますので、ある程度、主翼、尾翼等を機体全体を組み立てながら塗装しました。
迷彩柄はほぼオリジナルですが、鉛筆でガイドを少し書いてから、吹付塗装で着色です。
今回使用している塗装色は、気に入った色が手に入らなかったので、手持ちのMR.カラーを調合しています。
ミディアムブルースカイブルー、つやけしブラック、明灰白色で機体色にしています。

参考塗料


まだ墨入れはしていない状態です。
そしてステッカーを張る前に少々墨入れをしてステッカーを張ってしまいます。

ステッカーを張り、墨入れをした状態がこんな感じです。やっと完成に近づいてきました!
(ちなみに、ここまで製作するのに、写真数枚ですが・・・約2週間くらいかかっています。。。・・・下地処理、下地塗装などをしながら。。汗)

後輪部分、前輪部分ともに今回のキットはパーツが小さめなので、組み立ては慎重に!パーツを無くさないように気を付けましょう。
車輪格納部分は、あまり塗装はこらず、ウェザリング(汚し塗装)を少々しまして完成です。


今回のキットの中には、兵装(ミサイル)が1種類(写真左の4つ)しか付属していませんでしたので、追加のキットを購入して増装備してみました。
購入したキットは前回も使用した。
「航空自衛隊ウェポンセットA」です。1つ購入しておくと複数機体に利用できるので便利です。今回はASM-2(93式空対艦誘導弾?)を利用・追加してみました。

少しだけ汚し塗装をして完成です。

参考キット
[amazonjs asin=”B0017TDEHE” locale=”JP” title=”ハセガワ 1/48 航空自衛隊 ウェポンセットA プラモデル X48-10″][amazonjs asin=”B01N0Q77LR” locale=”JP” title=”【セット商品】 ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A + 航空自衛隊 ウェポンセットA”]

何も装備していない状態と装備した場合の完成写真です。やはり装備はあったほうが良い気がします。雰囲気も出ますし!

後は、最後にトップコートを吹き付けて完成です。

次回は完成写真をより撮影して掲載!ウェザリング箇所などもご紹介します。
やはり「平成の零戦」や「バイパーゼロ」などと呼ばれている三菱 F-2Aの造形美は最高です。共同開発とはいえ、国内開発なのも興味も沸きますよね。
是非一度模型製作!チャレンジしてみてください。
関連記事も是非

A7コルセアⅡ 完成しました!

傑作・戦闘機 A7コルセアⅡやっと完成しました。 制作模型はハセガワ模型さんの1/48スケールA-7D/E Ⅱ コルセア戦闘機 久々の戦闘機模型制作の開始より約1か月?ほど掛かりましたが、やっと、コルセア戦闘機プラモデルの完成です。 今回もやはり汚し塗装でカッコよく制作したいと思い。グレー系を機体本体色して、その後ウェディング(汚し)塗装をしっかり行いました。 如何でしょうか? 個人的には気に入っ […]

久々の新作模型 A7コルセアⅡ造ってます!

久々の新作模型 製作中 A7EコルセアⅡ造ってます 久々に新しいプラモデル製作にチャレンジ中です。 まだまだ完成までは道半ばですが、途中経過のご紹介です。 今回は、ハセガワさんの1/48スケールのA-7コルセアを作成です。やはりせっかくの戦闘機プラモデルですので、やはり汚し塗装(ウェザリング塗装)で製作です。 カラーは、オリジナル?というか好き勝手なカラーリングにします。やはり渋いグレー系が良いと […]

EA-18Gを造ろう! ウェザリング塗装でカッコよく。

EA-18G グラウラーを造ろう!ウェザリング塗装でカッコよく! 製作開始から約1か月、少しづつ製作しまして、やっと完成。 以前にF-14を製作した際と同様の疲労感!と達成感です。 今回も1/48スケールで製作です。サイズ的にもF14トムキャットとほぼ同様のサイズ感で、造りごたえは抜群!です。 F14は両翼が可変翼でしたので、翼が動くギミックもありましたが、EA18Gは固定翼でほんの少し?少し造り […]


error: Content is protected !!